今週の競馬予想ブログちょっと一勝負

keibaxが送るほぼ毎日更新の競馬予想ブログです。 平日は今週のメインレースの出走馬を評価。 土日はメインレースの予想、たまに狙いたいレースの予想をアップしてます。 そして、ごく稀にコラムや告知も掲載しています。

POG

【POG】母父フレンチデピュティに注目

来週のダービーが終わればPOGのドラフトを行っているグループもピークに来る頃でしょうか?

これからPOGドラフトに挑む方へ、ちょっと視点を変えて周りを出し抜く提案をしてみたいと思います。

それはタイトル通り「母父フレンチデピュティ」です。

昨年の2歳リーディグブルーメドサイヤーのトップは母父サンデー。2003年辺りからずっとサンデーがトップに君臨しており、これまでも父キンカメ×母父サンデーの配合でシーズン中も勝っている印象が強いです。対してフレンチは全体の4位ですが、勝ち馬率は昨年の成績をみるとサンデー0.202に対してフレンチは0.272と勝率では圧倒。1頭当たりの平均獲得賞金もサンデーが約264万に対してフレンチは355万。

昨年だけ特別だったのかと思い、直近3年(2014~2016)の2歳成績を出してみました。

母父  勝率(%)  連対率(%) 複勝率(%)
フレンチ 10.6    19.7    29.5
サンデー 8.7    17.3    24.3

全ての面においてフレンチの方が上。最近だとマカヒキやレインボーライン、カミノタサハラ等、活躍馬が実に多いです。

マカヒキやレインボーラインなんかは当時のPOG本でもそこまで騒がれなかった、殆ど記事が無い中での活躍なので、周りを出し抜きやすい母父といえそうです。

母父フレンチに合うのはやはりサンデー系種牡馬。

今年の3歳世代で母父フレンチで獲得賞金TOP10の内、8頭がサンデー系。 残りはキンカメとロージズインメイなので、サンデー系の中から探したいところ。

上記を踏まえて、今年の2歳馬で面白そうなのは、、、

・母キューティゴールド
・母ファルネーゼ
・母ペルヴィアンリリー

母キューティゴールドはショウナンパンドラの下で父がダイワメジャー。5/13に高野厩舎に入厩済でゲート試験中と順調そのもの。

母ファルネーゼは上にあまり相性の良くないミスプロ系の父を持つダイワダッチェスがPOG期間中にそこそこ稼いだ馬でこれも父ダイワメジャー。2歳リーディングを取った事がある種牡馬との組み合わせは期待値が高いです。

ペルヴィアンリリーは上にアドマイヤエイカンが札幌2歳Sを制覇。黒本でノーザンファーム早来の隠し玉で紹介。そんなにここの隠し玉は当たらない感があるのですが、今回に関しては父がトーセンホマレボシで上記の条件を満たしているのも良いと思います。

【告知】
G1前半戦にこの1冊!
いつも自分が予想する際に注目しているデータをガッツリ纏めてフェブラリーS~宝塚記念までを採用したデータを基に解説。 値段の割りには参考になる内容です。

ちなみに電子書籍はkindleが無くてもお使いのスマホでアプリをインストールすれば読む事ができます。

Android版Kindle電子書籍リーダー


iOS版Kindle電子書籍リーダー

アマゾン無料読み放題対象本です。

シンプルデータde競馬予想! G1予想前編 (フェブラリーS~宝塚記念) (keibax)



 今回のPOGに向けて購入したのは下記の3冊です。意外と報知が馬だけでなく馬体のパーツ一つ一つ解説してあったりして、内容は面白かったです。

競馬王のPOG本 2017-2018 (GW MOOK 342)

新品価格
¥1,782から
(2017/5/5 02:56時点)





デイリースポーツ特集号「 POG虎の巻 2017~2018 」(タブロイド判・新聞形式)

新品価格
¥350から
(2017/5/5 02:57時点)





報知グラフ「馬トクPOG」 2017年 05 月号 [雑誌]

新品価格
¥1,500から
(2017/5/5 02:57時点)




【POG】今年こそディープの当たりをひくぞ その2 馬体重

今年こそディープの当たりを引く!

今回はPOGファンなら絶対気にする「馬体重」です。
基本的に馬体重は重い方がいいというのが、格言の様に言われていて、それを意識した選択をしているかと思いますが、本当にそうなのか?

2014~2017年のディープ産駒の2歳と3歳の馬体重別に成績を出してみました。

馬体重 総件数 勝率(%) 連対率(%) 複勝率(%)
全体 2690 15.1 27.5 37.8
400以下 100 5 14 22
400-450 1304 12.3 24.2 33.9
450-500 1282 17.9 31.2 41.6
500以上 134 24.6 39.6 53

一応データの信頼性も抑えたく、件数も抑えましたが、やっぱり格言どおり馬体重が重いほうがいい、特に500キロを超えた方が期待できるという結果に。

ここで更に500キロ以上のディープ産駒で成績を更に洗ってみました。

500キロ以上のディープ産駒年齢別成績
年齢 総件数 勝率(%) 連対率(%) 複勝率(%)
2-3歳 134 24.6 39.6 53
2歳 29 37.9 55.2 65.5
3歳 105 21 35.2 49.5
2歳新馬 18 33.3 50 61.1

2歳で500キロを超えていれば3割近い勝率。3歳になると若干数字が落ちますが、それでも悪くはないですね。特に新馬の勝率が3割超えているのもいいですね。

ちなみに2歳で500キロ超えているディープは単回収率が132%なので、馬券的にも妙味があります(笑)

ただ、総件数を見ると2歳新馬で3年で18件しか該当がなく、500キロを超えた馬が新馬戦に出られる馬を捕まえるのはなかなか難易度が高そうです。

最後にこの2歳新馬で勝った馬の名前を挙げると、、、
スモークフリー
シャイニングレイ
マカヒキ
サトノダイヤモンド
アルアイン
ムーヴザワールド

6頭中4頭が重賞勝ち。更に3頭がG1馬と間違いなく大当たりです。500キロを超えてデビューが早そうな馬が勝ったら相当期待が持てるといって良いでしょう。

ただ、この条件で新馬で負けた馬の中にはケイブルグラムやラヴィダフェリース、アフェクチューズといった名前もありますので、勝ち上がるまでは安心できませんのでご注意を。

【告知】
G1前半戦にこの1冊!
いつも自分が予想する際に注目しているデータをガッツリ纏めてフェブラリーS~宝塚記念までを採用したデータを基に解説。 値段の割りには参考になる内容です。

ちなみに電子書籍はkindleが無くてもお使いのスマホでアプリをインストールすれば読む事ができます。

Android版Kindle電子書籍リーダー


iOS版Kindle電子書籍リーダー

アマゾン無料読み放題対象本です。

シンプルデータde競馬予想! G1予想前編 (フェブラリーS~宝塚記念) (keibax)


今年買ったPOG関連本です。競馬王の黒本は必須ですが、今年は報知が出版した本が馬体のパーツの説明が入っていたりと他の本との差別化が図れていて非常に良かったです。デイリーは安いだけ(笑)情報量は少ないですが、当日のドラフトで見直す時には良いと思います。

 

競馬王のPOG本 2017-2018 (GW MOOK 342)

新品価格
¥1,782から
(2017/5/5 02:56時点)


デイリースポーツ特集号「 POG虎の巻 2017~2018 」(タブロイド判・新聞形式)

新品価格
¥350から
(2017/5/5 02:57時点)


報知グラフ「馬トクPOG」 2017年 05 月号 [雑誌]

新品価格
¥1,500から
(2017/5/5 02:57時点)


 

【POG】今年こそディープの当たりを引くぞ その1

毎年10人前後で行っている仲間内のPOGに参加して既に7年目になり、過去に2回ほど優勝しているのですが、今年初めて6位以下になりそうな情勢。

そんな状況な訳で、今年はガチで勝ちに行く為に過去の2歳~3歳のデータを取って今年の2歳馬の中から走りそうな馬を探してみたいと思います。

今回はディープ産駒。

いつも、 ディープの当たりを引けるかどうかで決着するといっても過言ではない昔のサンデーサイレンスの様な存在になっているディープ産駒。

当然人気になるのですが、そこで上手く出し抜けるかがドラフト制POGの醍醐味。そこで今回は母父の血統に注目してみました。

ディープは当たりが引きたいので、安定して1勝狙いとかではなく、当たればホームランを狙っていきたいので、2~3歳のOP戦の成績を国内で主要な母系別に追って見ました。

 
2014~2016年 2~3歳 OP戦成績
母父 総件数 1着件数 2着件数 3着件数 着外件数
ノーザンダンサー 185 38 30 15 102
ロイヤルチャージャー 38 6 3 4 25
ネイティブダンサー 80 10 2 8 60
ナスルーラ 35 5 1 8 21
母父 勝率 連対率 複勝率
ノーザンダンサー 20.5 36.8 44.9
ロイヤルチャージャー 15.8 23.7 34.2
ネイティブダンサー 12.5 15 25
ナスルーラ 14.3 17.1 40

かなりザックリですが、母父はノーザンダンサー系が最もOP戦に出走しており、成績も優秀。頭数も多いのですが、一番引きやすいので、まずはノーザンダンサー系に注目します。

条件はそのままにノーザンダンサー系を更に分類してみました。

母父ノーザンダンサー系内訳
  総件数 1着件数 2着件数 3着件数 着外件数
ノーザン全体 185 38 30 15 102
ダンジグ 31 9 2 2 18
サドラーズウェルズ 15 6 1 2 6
ノーザンダンサー 8 3 2 1 2
ニジンスキー 1 0 0 0 1
ヴァイスリージェント 57 10 11 3 33
リファール 15 2 2 1 10
ノーザンテースト 3 0 0 0 3
ヌレイエフ 26 4 5 4 13
ストームバード 29 4 7 2 16
  勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
ノーザン全体 20.5 36.8 44.9 73.6 75.9
ダンジグ 29 35.5 41.9 93.2 75.2
サドラーズウェルズ 40 46.7 60 196.7 106.7
ノーザンダンサー 37.5 62.5 75 75 101.3
ニジンスキー 0 0 0 0 0
ヴァイスリージェント 17.5 36.8 42.1 67.2 80
リファール 13.3 26.7 33.3 34.7 54
ノーザンテースト 0 0 0 0 0
ヌレイエフ 15.4 34.6 50 60 81.9
ストームバード 13.8 37.9 44.8 43.4 62.4

頭数が多いのはヴァイスリージェント系。マカヒキやショウナンパンドラ、マウントシャスタら母父フレンチデュピティ、他にはクロフネやオーサムアゲインも含まれます。ただ全体でみるとそうでもないですね。OP出走にこぎつけたいなら、この母系はポイントの底上げなら狙えそう。

他で注目したいのはサドラーズウェルズ系。

3年でOP出走機会が15回と少なめですが、勝率40%は堂々のトップ。三振かホームランを狙うならこの母系でしょう。単複の回収率も高いので、人気薄でのポイントを稼いでくれそうなのもいいですね。

と、言う訳で当たれば飛びそうな母父サドラー系に今年当てはまり、克つ個人的に走りそうな馬を何頭かピックアップしてみました。

・母メイキアシー
・母リッスン
・母メダリアダムール
・母シャンパンドーロ

母リッスンはタッチングスピーチやムーヴザワールドで名が知れていると思いますが、それ以外は知名度が低そう。ただシャンパンドーロとかセレクトセールで2億5000万の値がついた馬ですし、メイキアシーは堀厩舎で体重は450kgぐらいあるので、もう少し増えてくれば面白そう。

メダリアダムールは松永ミキオ厩舎でPOG関連本を読んだ感じデビューが早そうですし、どれも当たれば飛びそうな感じがします。(未勝利もありそうですけどw)この辺りが下位で残っていればアリですね。

【告知】
G1前半戦にこの1冊!
いつも自分が予想する際に注目しているデータをガッツリ纏めてフェブラリーS~宝塚記念までを採用したデータを基に解説。 値段の割りには参考になる内容です。

ちなみに電子書籍はkindleが無くてもお使いのスマホでアプリをインストールすれば読む事ができます。

Android版Kindle電子書籍リーダー


iOS版Kindle電子書籍リーダー

アマゾン無料読み放題対象本です。

シンプルデータde競馬予想! G1予想前編 (フェブラリーS~宝塚記念) (keibax)



 



プロフィール
「プロ野球と競馬中心の生活ブログ」管理人です。最近は競馬ばっかりになってしまったので、競馬のブログにリニューアルしました。今後共よろしくお願いします。
メッセージはこちらまでお願いします。
アクセスランキング
KLANブログランキング
KLAN競馬ブログランキング
アクセスカウンター(累計)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(グラフ)

    LINEスタンプ作りました
    馬のスタンプを探している方は一度ご覧ください
    02-468-60

    記事検索
    成長因子発毛効果