雑誌NUMBERでデムーロと武豊の対談。デムーロ氏は皐月賞では全部の馬にチャンスがあったと言うのが、今年の牡馬クラシックで乗っている騎手の感想です。

現に皐月賞では9番人気のアルアインが勝利。過去10年で皐月賞を人気薄が勝った2007年と2008年は共に14番人気、12番人気の馬が2着に入る大波乱。

この2年だけが特別だったかもしれませんが、それ以外にも皐月賞人気薄が勝った年のダービーの結果を見てみると、、、

2004年
皐月賞勝馬:ダイワメジャー(10番人気)
1着:キングカメハメハ(前走:NHKマイル)
2着:ハーツクライ(前走:京都新聞杯)
3着:ハイヤーゲーム(前走:青葉賞)

2002年
皐月賞勝馬:ノーリーズン(15番人気)
1着:タニノギムレット(前走:NHKマイルC)
2着:シンボリクリスエス(前走:青葉賞)
3着:マチカネアカツキ(前走:プリンシパルS)

1997年
皐月賞勝馬:サニーブライアン(11番人気)
1着:サニーブライアン(前走:皐月賞)
2着:シルクジャスティス(前走:京都4歳特別)
3着:メジロブライト(前走:皐月賞)

思ったほど荒れていませんが、97年以外は皐月賞以外の馬が上位独占。人気薄が皐月賞を勝った年は皐月賞組以外が非常に強い印象を持ちます。

なので、今年に限っては皐月賞組以外から参戦してきた馬にチャンス有りと言えそうです。

今年前走皐月賞以外で更に人気がなさそうな馬をピックアップすると、、、
・キョウヘイ
・ジョーストリクトリ
・トラスト
・マイネルスフェーン

更にもう一つ条件を追加すると、2014年のマイネルフロストが毎日杯を勝って青葉賞3番人気で6着。要は前走出走時点で既にダービー当確。克つ皐月賞をパスしてココに挑んだ馬に注目したいです。

この条件を加えると、トラストは皐月賞経由、マイネルスフェーンは前走本賞金が微妙な立場でダービー当確ではなかった事からある程度仕上げる立場だっただけに、ちょっと厳しそう。

そうなると残ったのはキョウヘイとジョーストリクトリ。

共に短距離路線を歩んできた馬ですが、血統でみると短距離仕様なジョーストリクトリに比べ、父がダービー2着のリーチザクラウンで母父がダンスインザダークと距離が伸びて面白そうなのはキョウヘイ。

シンザン記念はペルシアンナイトとアルアインが出走していた中での勝利。前走は3ヶ月ぶりのレースで前残りの展開の中内枠で後方ままとまったく競馬をしていないので、どう見ても参考外。色々調べると、前走は先出しでパニくっていたという反省もあり、今回は後出しで送り出すという陣営の工夫もいいのでは?

と、言う訳で今年の日本ダービー穴候補としてkeibaxは「キョウヘイ」を推したいと思います。週末の最終結論のブログでも印を付ける予定です。

【告知】
G1前半戦にこの1冊!
いつも自分が予想する際に注目しているデータをガッツリ纏めてフェブラリーS~宝塚記念までを採用したデータを基に解説。 値段の割りには参考になる内容です。

ちなみに電子書籍はkindleが無くてもお使いのスマホでアプリをインストールすれば読む事ができます。

Android版Kindle電子書籍リーダー


iOS版Kindle電子書籍リーダー

アマゾン無料読み放題対象本です。

シンプルデータde競馬予想! G1予想前編 (フェブラリーS~宝塚記念) (keibax)



他にも競馬予想サイトを探している方に「うまコラボ」を紹介します。

うまコラボは会員制の競馬予想サイトで、何が良いかというと、一度無料会員で登録すれば、「1日12~18Rの予想を無料で閲覧」出来てしまうところ!

無料情報とはいえ、そこは有料会員(月額1980円)に繋げる為に予想の精度が試されるだけに手を抜いていない印象を持ちました。

無料情報でうまコラボ独自の競馬指数で的中した最近の結果がコチラ

02-468-60

3連単を27R的中は普通にすごいです。3連単1頭軸の5頭マルチという買い方はよくある買い方で、この方法でここまで当てているのは正直すごいしあやかりたいです(笑) この通りに買わなくとも、予想の参考にはなりそうですね。

登録は無料でメールアドレスを記入して登録するよくある登録フォームです。

有料会員になった後も月額請求だけで買い目をチケットで購入する方式ではない事も好感が持てます。
まずは無料会員で予想の精度を試すだけでもアリだと思います。

下のバナーをクリックすれば登録画面に移動します。良かったら登録してみてください。

02-468-60