春の短距離王決定戦。高松宮記念

今年は大混戦が予想され、難しい年だけに過去の傾向を追って2週間前時点ですが、現時点での予想を立てておきたいと思います。

・ 阪急杯組が有利だが、、、

過去10年で前走阪急杯組が9連対。 全体の成績【4-5-4-39】の内前走5着以内は【4-4-4-17】と9頭中8頭が前走入着馬なので、当然これに従って馬を選んでいけばいいのですが、今年の阪急杯は大波乱。

前走阪急杯で6番人気以下だった馬は【0-0-0-20】とまったく絡めていないので、今年に関しては疑ってかかりたいところ。

そうなると、 次点のオーシャンS組が5連対。全体の成績が【3-2-3-59】で前走5着以内で【3-2-2-28】と5頭全て5着以内。絞りやすいですし、今年に関しては狙い目はこちらかなと思います。

・ 4コーナー時点で4番手以内が理想?

過去10年で4コーナー通過順4番手以内に付けた馬が10連対。 そのうち9連対は5番人気以内。人気の先行馬なら狙えます。

最近は強い先行馬が多かったので堅い配当になりましたが、今年は?本来ならば差し馬が強いコースだけにその辺は柔軟に考えないといけないかもしれません。
 
ここまでの傾向から現時点での予想は、、、

【予想】
◎メラグラーナ
○ヒルノデイバロー
▲シュウジ
△ナックビーナス
注レッツゴードンキ

本命はメラグラーナで今のところ考えてます。

阪急杯が波乱の中、オーシャンSは人気馬がしっかりと勝ったあたり、信頼度はこの馬の方が上か?重馬場で敗因はっきりの京阪杯以外は安定していますし、今回先行する馬が総崩れなら差し馬。前走33秒台の脚が活かされる展開ならば勝ち負けでしょう。

相手は阪急杯4番人気で2着だったヒルノデイバロー、本来ならば1番人気を背負うはずだったスピード能力が高いシュウジ、オーシャンS先行して2着のナックビーナスと前でも差してもOK、G1馬のレッツゴードンキも挙げておきます。

【告知】
G1前半戦にこの1冊!
いつも自分が予想する際に注目しているデータをガッツリ纏めてフェブラリーS~宝塚記念までを採用したデータを基に解説。 値段の割りには参考になる内容です。勿論高松宮記念もここに取り上げていないデータも含まれてます。 アマゾン無料読み放題対象本です。

シンプルデータde競馬予想! G1予想前編 (フェブラリーS~宝塚記念) (keibax)



 
 他にも競馬予想サイトを探している方に「うまコラボ」を紹介します。

うまコラボは会員制の競馬予想サイトで、何が良いかというと、一度無料会員で登録すれば、「1日12~18Rの予想を無料で閲覧」出来てしまうところ!

無料情報とはいえ、そこは有料会員(月額1980円)に繋げる為に予想の精度が試されるだけに手を抜いていない印象を持ちました。

無料情報でうまコラボ独自の競馬指数で的中した最近の結果がコチラ

02-468-60

3連単を4頭ボックスで362倍を的中させているのは流石。
この通りに買わなくとも、予想の参考にはなりそうですね。

登録は無料でメールアドレスを記入して登録するよくある登録フォームです。

有料会員になった後も月額請求だけで買い目をチケットで購入する方式ではない事も好感が持てます。
まずは無料会員で予想の精度を試すだけでもアリだと思います。

下のバナーをクリックすれば登録画面に移動します。良かったら登録してみてください。

02-468-60