今年で3回目の阪神開催。

2歳王者を決める朝日杯FS。ここまでは上位人気がシッカリと走り、1頭人気薄が絡んでくるという傾向は今年も続くのか?

ここ2年のデータを中心に今年の朝日杯FSの予想をしたいと思います。

・後方一気の直線勝負
過去2年で4コーナー10番手以下で脚を溜めて直線爆発させた馬が連勝中。昨年のリオンディーズは4コーナー時点で15番手、一昨年のダノンプラチナは12番手で勝利。2014年は14番人気のアルマワイオリが12番手で2着。それ以外の馬は6番手追走と先行勢を見て直線交わしていける位置取りにつけていました。

能力もありますが、基本は差し追い込みがハマりそうな馬を選択したほうがいいでしょう。

・安定のデイリー杯組?

ここ2年連続で連対しているのが、デイリー杯2歳S組。アルマワイオリに注目すると朝日杯こそ14番人気でしたが、デイリー杯では3番人気で4着。実はそんなに負けていなかったんです。その一つ前のもみじSで差す競馬を試しあがり33秒台。

今回に限らず負けてもここでハマりそうな馬が潜んでいる可能性が高そうな重賞といえそうです。それ以外にも前走先行しているが、それまでに差しも試している馬は注目です。

ここまでの傾向から現時点での予想は以下の通り。
【予想】
◎サングレーザー
○ミスエルテ
▲サトノアレス
注 タガノアシュラ

本命はサングレーザーで考えています。

先程書いた通り、デイリー杯2歳Sでアガリ33秒台で3着。今年は牝馬が多数参戦してきており、瞬発力勝負になった年でアガリ33秒8で凌いでの3着は評価できると思います。
まだ出走するかは判りませんが、後方で脚を溜めて直線勝負なら十分勝ち負けありそう。阪神JFでデイリー杯組が活躍したら、更に期待できそうです。

相手は、既に後方一気を試しているミスエルテ、差す競馬を既に試して結果が出ているサトノアレス、差し馬が有利な傾向が出ているとはいえ、逃げ馬は必ず抑えておいた方がいいという考えなので、ノーマークだと怖いタガノアシュラまで。

今のところはこんな感じでいいと思いますが、さて、、、


他にも競馬の予想を探している方に「競馬スピリッツ」を紹介します。

netkeibaで「新着POG馬紹介」コラムを担当している血統評論家 栗山求氏やウイニング競馬にも出演している東スポ記者虎石晃氏といったメディアで大活躍している予想家が予想やコラムを提供しているページです。

競馬コンテンツに関わるプロのメインレースの予想を毎週土日に各予想家から無料で公開。
見解と予想はレース前日の20時頃に公開されます。

印だけでなく買い目も公開しているので、実際に馬券を買う際にとても参考になるのでは?
2016年10月30日の東京メイン、天皇賞秋でメイン予想家の栗山氏が本命モーリスで馬単37倍と3連単324倍を見事的中。

無料登録して頂ければ、下記の様な栗山氏のレース見解を見る事ができます。

02-468-60

一部有料のコンテンツもありますが、定額制なので高いポイントを買う必要なし。勿論勝手に有料になることはないので、まずは無料会員登録してから判断すればいいと思います。

ヤフーやグーグルのフリーメールで登録可能。自分が登録した時は会員登録確認のメールが来るのですが、迷惑メールのフォルダに入る事はありませんでした。

会員登録用のサイトバナーを貼っておきますので、気になったら覗いてみてください。
02-468-60