今週は伝統の長距離G1 天皇賞春

過去10年で6番人気以下の伏兵馬が3着以内に入ったのは全部で10頭。3頭に1頭が馬券になっている難しいG1だけに過去の傾向をしっかりと探って今年その傾向に当てはまりそうな馬を探してみたいと思います。

・前走重賞入着馬
伏兵馬10頭中7頭が前走重賞入着。二桁人気で大穴をあけたのは前走も二桁着順で惨敗していた馬ですが、流石に狙いづらいところがあるので、前走ステップレースで結果を出した馬で人気がない馬は積極的に狙っていいと思います。前走二桁着順で狙うなら4歳もしくは5歳馬まで。

・ 1枠に入った馬。
10頭中5頭が1枠に入った馬。全体でみても1枠馬は4勝2着1回で6番人気以下は3勝と人気薄には抜群の相性。1枠の馬は注目しておいたほうがいいとおもいます。

ちなみに過去10年で1番人気はディープインパクト以降勝っていませんが、2番人気は4勝2着1回。2番人気は異常に強い傾向にあります。

ここまでの傾向から今年当てはまりそうな伏兵馬は、、、

・トゥインクル

・トーホウジャッカル

トゥインクルは前走54キロと恵まれたハンデながらフェイムゲームに完勝。 長距離で安定した成績を残すステイヤー。ダイヤモンドS組は昨年のフェイムゲームでようやく連対馬が誕生。今回も人気はないと思うので、面白い存在。

トーホウジャッカルは前走プラス18キロと明らかに調整不足。 それだけにココを叩いて状態が上向けば実力的にはこのメンバーでも間違いなくヒケをとらない実績。まだ5歳馬でレースも殆ど使っていないので、巻き返す可能性あり。

父スペシャルウィークも過去に天皇賞秋の前哨戦で惨敗し4番人気で本番を迎えて圧勝。当時1番人気が勝てないジンクスが存在していた秋天でワザと負けたと言うわけではないでしょうが、上手く1番人気を交わしたのが印象深っただけに、歴史は繰り返す?

穴馬としてはこの辺りに注目したいです。


他にも競馬の予想を探している方に「競馬スピリッツ」を紹介します。

netkeibaで「新着POG馬紹介」コラムを担当している血統評論家 栗山求氏やウイニング競馬にも出演している虎石晃氏といったメディアで活躍している予想家が予想やコラムを提供しているページです。

競馬コンテンツに関わるプロのメインレースの予想を毎週土日に各予想家から無料で公開。
見解と予想はレース前日の20時頃に公開されます。

印だけでなく買い目も公開。しっかり回収率を意識した買い目だと思います。

一部有料のコンテンツもありますが、定額制なので高いポイントを買う必要なし。勿論勝手に有料になることはないので、まずは無料会員登録してから判断すればいいと思います。

ヤフーやグーグルのフリーメールで登録可能。自分が登録した時は会員登録確認のメールが来るのですが、迷惑メールのフォルダに入る事はありませんでした。

会員登録用のサイトバナーを貼っておきますので、気になったら覗いてみてください。

02-468-60