前回では複勝をメインで勝負するというお話をしましたが、オッズ的に面白くないと感じる方も多いと思いますので、もうちょっと高い配当を狙う買い方を提案してみたいと思います。

それは「ワイド本命から4点流し」です。

最近の馬券購入において「1~5番人気以内から本命を決める」という大前提を立てているのは前回のコラムで申し上げた通り。そうなると本命が3着以内で当たる馬券が対象になります。

選択肢は複勝、ワイド、3連複、3連単。複勝は先述の通りですが、その次に当たりやすいのは当然ワイドでしょう。勿論ワイドは馬連の3分の1以下ぐらいオッズが下がりますが、買い方次第ではプラスに持っていける可能性が高い馬券だと思います。

では、ワイドはどう買うか?

それは「6~9番人気の馬を機械的に流す」買い方です。

「3着以内に1~5番人気の馬が入る確率」は非常に高いと申し上げましたが、「1~5番人気が1~3着を独占」するレースは実はそれほど高くありません。2014/8/24は3開催で全36レース中1~5番人気が1~3着を独占したレースは6レース。約16%程度でした。勿論週によっては偏る場合もあると思いますが、6番人気以下が複勝圏に入ってくる確率はかなり高いとみていいでしょう。

かといって、二桁人気の馬が3着以内に入る確率も低く、当たればでかいですが、長期的にみると回収率は落ちていく一方。

そうなると狙うべきは「6~9番人気」です。

1番人気と絡めても4倍を切る事はほとんどないですし、組み合わせ次第では20倍以上も付く場合も。本命さえ間違えなければ、回収率200%、場合によっては400%以上も。

そこそこの配当を狙うならいい買い方だと思うので、相手探しで迷ったら試してみてはいかがでしょうか?

過去のデータを使いこなせば劇的に競馬予想は上手くなる!(重賞編)