今年の宝塚記念で一番扱いが困るのはこの馬だと思います。

そう、ジェンティルドンナです。

※★は5段階評価
ローテ:★★★
ローテは昨年と同じで、今年はドバイシーマを勝ってここへ。しかし、今年初戦の京都記念の時の様に、レース間隔を空けるのは決していいとは思いません。

脚質:★★★
ここ10年で結果を出しているのは差し脚質ですが、基本は先行馬。去年も3番手追走でゴールドシップのみをターゲットにして3着。目標にされる分厳しいか?

展開:★★★★
前半1000m58秒台を先行しても大負けしないスタミナ。見た目の印象以上にタフな馬ですね。そういった意味では、今回もアガリ勝負ではなくスタミナを要求されるレースになると思うので、悪くないと思います。

馬場:★★★★
阪神は【3-0-1-1】で唯一馬券を外れたのは、まだ体ができていなかったチューリップ賞のみ。阪神の馬場は走るとみていいでしょう。

不安材料:川田

牝馬なので、基本レース間隔を空けない方がいいと思いますが、 今年初戦の京都記念とは違いG1なので、そんなに変な仕上げはしないと思います。それより不安なのはヤネ。

あまり、騎手は予想のファクトリーに入れない様にはしたいのですが、先週のポルトドートウィユの新馬戦やダービーのトゥザワールドの騎乗を見ると、大一番の勝負どころで買える騎手ではないな、と思わずにいられないだけに、今回の乗り代わりもあまりいい印象を持ちません。。。

今回のデータは「KLAN」という競馬データベースサイトを参考にしました。

登録無料で競馬の基本的なデータ【血統、ローテ、競走成績など】が一目で確認でき、ユーザーの問い合わせにも真摯に応え、定期的にバージョンアップをし、どんどん使いやすくなっています。

更に詳細なデータ収集を求める場合は有料となりますが、無料会員でも十分使えます。良かったら登録してみてください。